【1960's フランス製 Adolphe Lafon モールスキンワークジャケット BORO】

45,980円(税込)



1950年代のフレンチモールスキンワークジャケットになります。
老舗のワークブランドAdolphe Lafonです。
モグラの皮の様なタフさがある生地なのでモールスキンと呼ばれています。
ヴィンテージならではの良い風合いが出ています。



フレンチワークならではの丸みをおびた特徴的な襟になっています。
フロントはボタンになっています。



カラーは稀少のブラックですが、激しく色落ちしていますのでグレーに近い感じです。
サイドポケットは携帯やタバコ等がピッタリ入る大きさです。
加工では出すことの出来ないリアリティのあるダメージやリペアが魅力的です。
ダーニングという手法のリペアになっています。



アームから袖口もすっきりしたシルエットになっています。
袖口はスタンダードなシングルカフスです。



部分的にダメージやスレなどがあります。



ワークアイテムですが、野暮ったくないシルエットですので、現代のファッションにもすんなり取り入れていただける一着となっております。



こちらがタグになります。

着用イメージ




身長 171㎝
体重55kg

お探しの方いらっしゃいましたら、この機会に是非いかがでしょうか。


商品詳細

【1960's フランス製 Adolphe Lafon モールスキンワークジャケット BORO】

●素材 コットン

●表記サイズ
46(M相当)

●実寸サイズ(多少の誤差はご了承下さい)
着丈 約67㎝(襟の付け根から裾までの直線)
身幅 約54㎝(脇下の直線)
肩幅 約45㎝(肩先から肩先までの直線)
袖丈 約63㎝(袖の付け根から袖の端までの直線)

●状態

状態はUSEDですので使用感と良い感じの色落ちやリペアがあります。
※ダメージ、リペアに理解のあるBORO好きの方や珍しいビンテージアイテム好きの方にお勧めです。