【1970's ドイツ製 ローデンコート】

27,800円(税込)



1970年代、ドイツ製のローデンコートになります。
カラーはグレーです。
このコートは元々オーストリア貴族が着用していたハンティング用の防寒コートでロング丈でマントのようなAラインシルエットです。
8世紀後半より街着として流行し、特に大陸ヨーロッパ(主にドイツ、オーストリア、フランス、イタリアなど)では現在でも非常に人気のあるオーバーコートです。



襟元はレギュラーカラーになっています。
滑らかで高級感のあるローデンウールが、エレガントさを感じさせます。
猟銃を撃ちやすいように作られたフローティングショルダーは特徴的な袖付けです。



サイドポケットは斜め口のポケットになっています。
ローデンの語源は中部ドイツで用いられた[ローダ]という言葉で、祖毛のウール生地のこと。冬場には温かく、気温上昇時には温度を下げるサーモスタットの役割を果たす天然高機能素材です。
本格的なローデンのシューティングオーバーコートをタウンユースに落とし込んだディテールです。



袖口には飾りのストラップが付いています。



サイドポケットの脇にスルーポケットも付いています。
脇の下を縫い付けないことにより肩周りの可動域を広く取り猟銃を構えやすくする構造になっています。



背面は大きく広がるインバーテッド・プリーツが独特です。



ヨーロッパの上流階級では必ずと言っていいほど冬の定番コートのひとつとなっています。ドレスコードのあるヨーロッパの習慣に中でTPOを選ばずに着用可能な唯一のコートと言われています。



こちらがタグになります。





着用イメージ




身長 171㎝
体重 55kg


お探しの方いらっしゃいましたら、この機会に是非いかがでしょうか。

商品詳細

【1970's ドイツ製 ローデンコート】

●素材
ウール95%/ポリアミド5%

●表記サイズ
48(実寸サイズを参考にするとM相当)

●実寸サイズ(多少の誤差はご了承下さい)
着丈 約105㎝(襟の付け根から裾までの直線)
身幅 約60㎝(脇下の直線)
肩幅 約48㎝(肩先から肩先までの直線)
袖丈 約59㎝(袖の付け根から袖の端までの直線)

●状態
状態はUSEDですので程よい使用感はありますが全体的に綺麗な状態です。